スポンサーリンク

夢占い 病気

投稿者: | 2018年5月7日

病気の夢

病気の夢にはあまり良い意味がないとされていますが、病気が治る夢などは少なからず良い意味合いが含まれるようです。

病気が治る夢

病気が治る夢は、現実世界でも様々な問題を乗り越えることができる兆しです。

病気になる夢

病気になる夢は、現実世界で深刻な問題が隠れている可能性を表しています。

病気が軽いときは、起こり得る問題や危険がそれほど長くは続かないことを意味します。

長い闘病を必要とするような、重い病だったときは、降りかかる危険や問題が重く、長期的なものであることを示しています。

病気と診断される夢

医者に病気と診断される夢は、現実世界において本人が周囲の声に耳を傾けること、本人の評価に気を配ることが必要だというサイン。

現実に健康に関する問題が見つかったり、健康に関する良いアドバイスをもらえたりも。

またこの夢は、本人が自分自身の健康について真剣に向き合っていることを意味する場合もあります。

不治の病だと診断される夢

不治の病と診断される夢は、近いうちに解決困難な問題に直面することを意味します。

繰り返しこの夢を見た場合は注意が必要です。

病気から回復する夢

病から回復する夢は、本人が現実世界においても大きな問題を解決することができることを示しています。

問題の解決と同時に、新しい可能性や方向性を見出すこともできるでしょう。

知っている人物が病気になる夢

知っている人物が病気になる夢は、その人の弱点やミス、難点が目に付くことを意味しています。

この夢はまた、その人に降りかかるトラブルを回避できることも表しています。

スポンサーリンク