スポンサーリンク

クロス・十字・十字架の夢

投稿者: | 2017年3月25日
クロス・十字・十字架の夢

クロスの夢は、魂が学ぶべき物事の象徴です。試練を乗り越えることによる精神世界での魂の成長や徳の向上を示します。また、人生において重要な決断を下すときでもあります。

十字架は、精神世界において苦悩、苦痛、失望の先の完成を表すことから、十字架の夢は人生における出来事の完成や完璧を求めることの表現であるともされています。

 

シンボルとしてのクロス

クロスはキリスト教のシンボルでもあり、宗教上の意味合いが強い場合もあるでしょう。

聖書にもあるように、クロスは献身を意味し、今までやってきたこと、築き上げてきた事、趣味、信念、財産などを捧げることを暗示しています。誰かのために身を捧げる事だけを意味するのではなく、自分の為に捧げるという意味も含みます。

そのほか、霊的なコミュニケーションや魂からのメッセージなど、スピリチュアルな意味を持って夢に現れることもあります。

 

貼り付け台としてのクロス

クロスが貼り付けの台とされていることから、公の場で恥をかくかもしれないという不安を反映させた夢でもあります。決断を下すときは慎重に行いましょう。

不安の他にも、現実世界において非常に苦しい状況にあるときも、クロスが夢に反映されることがあるそうです。また、報われない献身や、良くない人間関係、悪意のある人への献身を暗示することも。充実した人生のために欠けているものがあることを伝える夢でもあります。

 

現実世界で充実している、幸せな時にこの夢を見たら

現実世界で充実している、幸せな時にこの夢を見たら、今こそその幸せを思う存分満喫するべきとのサインです。現在の仕事がとてもうまくいっていて、更に向上させたいと思っていることを示します。

 

展開図面としての十字

十字の形は、立方体の展開図であることから、十字架の夢は物事の完成、完璧な様子や、完全なる宇宙、バランスのとれた空間を意味します。十字が献身という意味合いで夢に現れた場合、物事を完成させる、完璧にさせるために必要な犠牲、献身を示します。

 

十字は、現在ではキリスト教を連想することが多いと思いますが、古代より人々は十字を太陽のシンボル、南十字星、方位、火・空気(風)・水・土の四大要素のシンボル、国旗、紋章や家紋になど、様々なシンボルとして使用してきました。その解釈も宗教的背景や、地域、文化により異なります。しかし、十字という形をシンボルとして使用する点では世界共通なのは興味深いですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク